ふじもと歯科診療室

東京都稲城市東長沼3103-12
Tel/Fax: 042-378-7105

医院案内

appearance.jpg
 

◆外観
見た目に、歯科医院に見えないように意識しました。やはり、歯科医院らしいと、それだけで「痛そう」「恐そう」といったイメージを持ってしまい勝ちですし、そうなると、通院意欲も失われてしまいます。 駐車場は、診療室正面に、5台分用意してあります。

plate.jpg
 

◆ 看板
診療科目も書いていない、愛想のない標榜ですが、ほとんどの来院者の方がご紹介の方なので、これで十分かと思っています。

 

なお、ここにも表示されているように、当診療室は、予約制です。ですから、急患随時はありません。とは言っても、緊急時には診療いたします。しかし、必ず事前のご連絡をお願いいたします。

waitingroom3.jpg
 

◆ 待合室
緊張感を、少しでも和らげられるように意識しました。限られたスペースなので、圧迫感を減らすよう、天井を吹き抜けにしました。 また、できるだけお待たせしないようにしておりますが、ここで過ごす時間をなるべく有意義にしていただけるような書籍を選んで置いてあります。

waitingroom2.jpg
 

◆全館土足
履き替えの煩わしさ、清潔かどうか解りにくいスリッパを使う不安を解消するため、診療室内は、土足です。

 

土足は、院内感染の可能性を増加させるという意見もありますが、当診療室では、『毎日』診療終了後に専門業者さんによるお掃除を行っています。

reception.jpg
 

◆ 受付
ちょっと狭いですが、物を極力置かず、スッキリした感じにしてあります。ここも、病院らしくすると、健康な健診来院者の方でも病気のような気分になってしまいそうなので、歯科医院らしくないイメージで作ってもらいました。

goods.jpg
 

◆ お口のケアグッズ

私だけでなく、メンバー全員で実際に使ってみて、オススメできるものだけを展示してあります。 好みもあるでしょうが、選ぶ助けになるよう、ワンポイントアドバイスを付けてあります。どうぞ、「見て」「触って」選んでください。

passage.jpg
 

◆ 廊下(動線分離)

来院者の方々の動線と、我々診療室のメンバーの動線を分離し、各処置室への移動は、廊下を使っていただきます。 これは、診療室内の清潔度を保ち、院内感染を防ぐために、非常に重要と考えています。また、各部屋のプライバシー保護にもなります。

room-c.jpg
 

◆「C」の部屋
Communication の Cを取って名づけたお部屋で、お話するためだけの部屋です。 初めての方は、まずここでお話を伺います。また、お子さんの治療で、付き添いの方に状況説明する際にも、ここを使います。 安心・信頼の医療のためには、お互いの密なコミュニケーションが大切だと考えています。

room-y.jpg
 

◆ ケアユニット(1、2の部屋)

お口のお手入れや、ハグキの治療、虫歯予防など、いわゆる「歯を削る」処置を全くしない部屋です。歯科衛生士専用のユニットです。

room-x.jpg
 

◆ キュアユニット(3,4,5の部屋)

いわゆる、一般的な治療のお部屋です。 むし歯治療などは、3,4のお部屋で。

 

抜歯などの外科処置、歯の根の治療など、より清潔度が要求される治療は、5の部屋で行います。

room-r.jpg
 

◆ レントゲン室

平成21年12月にデジタルレントゲンを導入いたしました。これにより、従来よりも被爆量を減らし、また細部までの観察が可能になりました。

appearance-night.jpg
 

◆ 夜の外観

現在は、節電の意味もあり、ライトアップはしておりません。


Last-modified: 2011-06-05 (日) 19:17:20 (2156d)