ふじもと歯科診療室

東京都稲城市東長沼3103-12
Tel/Fax: 042-378-7105

ホワイトニング

 

ホワイトニングとは、歯を削らずに、薬品を使って歯を白くする方法です。 ただ、当診療室では、積極的にホワイトニングをおススメすることはしておりません。 なので、ここではその基礎的な施術方法の違いについてのみ、記載しております。

 

現在、ホワイトニングは、

  • 歯科医院内で行う「オフィスホワイトニング」。
  • 患者(お客)さんに、キットを渡し、自宅で施術してもらう「ホームホワイトニング」。
  • 「オフィス」と「ホーム」を併用する「デュアルホワイトニング」。

この3つのやり方があります。それぞれに、長所・短所があります。

「オフィスホワイトニング」は、歯科医院で施術を受けるだけですから、比較的簡単に短時間で終了します。ただし、色が長持ちしにくいという欠点があります。

反対に、「ホームホワイトニング」は、ご自分で毎日キットを使用していただく必要がありますので、煩わしかったり、キチンと継続する必要があります。ただ、こちらのほうがホワイトニング効果が持続します。

「デュアルホワイトニング」は、両方の長所を取り入れる形になります。「オフィス」で白くしたところへ「ホーム」でしっかり定着させるといった感じでしょうか。 ですから、診療室で、ただ口を開いていれば良いといったものではなく、患者(お客)さんにも、毎日協力していただかなければ、成功しません。 ちなみに、期間は約一ヶ月。週に一回通院していただき、様子をみながら、自宅での使用薬剤を変えていきます。

自宅でちゃんと使っていただけるかどうかが、結果を左右します。

 

ホワイトニングの副次効果

 
whitening.jpg
 

ところで、ホワイトニングを始めて、歯が白く綺麗になってくると、皆さん、あちこち気になるところが増えてくるようです。特に、保険治療の銀歯などは、ホワイトニング実施前とは気になる度合いが全然ちがうそうです。

実は、このあたりが、私がホワイトニングの最大の長所と考えているところです。 大抵の方は、歯が白く綺麗になったから目立ってきたと考え勝ちですが、私は、単に鏡で歯をチェックする回数が増えたせいだと思っています。 そして、マメにお口を鏡でチェックする事が、ブラッシング状態を向上させ、それがハグキを綺麗にし、むし歯や歯周病の予防に非常に大きな効果をもたらします。

ホワイトニングを実施した、全ての患者さんが、ブラッシング状態を向上させ、ハグキの状態が改善されているのを見ると、「意識」がどこに向かうかが、健康のキーポイントだとつくづく感じます。


Last-modified: 2015-07-02 (木) 22:14:38 (694d)